NEW
2017.05.29更新情報

熊本県立美術館にて
「白寿記念・九州初開催 生命(いのち)を描く 堀文子展」開催決定
2017年、白寿を迎える堀文子氏の展覧会情報をお知らせいたします。
九州初開催となる日本画家・堀文子の展覧会です。独自の日本画のスタイルで命を描き続ける堀文子の作品を紹介し、その生き方と魅力に迫ります。

 『白寿記念・九州初開催 生命(いのち)を描く 堀文子展』
 会期: 2017年9月28日(木)~2017年11月12日(日)
 会場: 熊本県立美術館 一階展示室
      〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2番
 時間: 午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時45分まで)
 ホームページ: http://www.museum.pref.kumamoto.jp/

※詳細は美術館へお問い合わせください

ページトップへ
NEW
2017.04.07更新情報

グリーティング切手「日本の絵画」販売決定
堀文子氏を含む、日本の著名な作家の絵画作品が切手になりました。全国の郵便局等で販売予定です。

 グリーティング切手「日本の絵画」
 発行日: 2017年(平成29年)6月7日(水)発行 ※全国の郵便局等で販売
 リンク先: http://www.post.japanpost.jp/
 ※詳細は日本郵便のホームページをご確認ください。
 イメージはこちら

ページトップへ
2017.04.01更新情報
神奈川県立近代美術館葉山館にて
「白寿記念 堀文子展」開催決定
2017年、白寿を迎える堀文子氏の展覧会情報をお知らせいたします。
神奈川県立近代美術館の葉山館にて 『白寿記念 堀文子展』の開催が決定致しました。長期間開催の今展では、会期中一部展示替え予定です。

 『白寿記念 堀 文子展』
 会期: 2017年11月18日(土)~2018年3月25日(日)
      前期 11/18-1/21  後期 1/25-3/25
 会場: 神奈川県立近代美術館 葉山館
      〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
      電話: 046-875-2800(代表)
      ホームページ: http://www.moma.pref.kanagawa.jp/index.html
※詳細は美術館へお問い合わせください

ページトップへ
2017.01.27更新情報
新聞各紙に堀文子氏の60年前の絵本について掲載されました
堀文子氏が30代の頃に描いた絵本についての記事が、神奈川新聞、他一部の地方誌に掲載されました。作品の写真と共に「子どもにいいものを見せたい」と真剣に取り組んでいた堀文子氏の絵本作家としての一面が紹介されています。

◇神奈川新聞 2017年1月20日(金) 5面
◇北日本新聞 2017年1月22日(日) 11面
※他、一部の地方紙等、各誌文化面で掲載

ページトップへ
(終了しました)
2017.01.11更新情報

名都美術館 特別展「白寿記念 堀文子展」開催のお知らせ
2017年、白寿を迎える堀文子氏の展覧会情報をお知らせいたします。
愛知県長久手市にある名都美術館にて特別展 名都美術館開館30周年記念 『白寿記念 堀文子展 私流の生き方を求めて』が開催されます。

 特別展 名都美術館開館30周年記念
 『白寿記念 堀 文子展 私流の生き方を求めて』

 会期: 2017年4月4日(火)~5月28日(日)
 会場: 名都美術館
      〒480-1116 愛知県長久手市杁ケ池301番地
      電話: 0561-62-8884  ファックス: 0561-62-7411
      ホームページ: http://www.meito.hayatele.co.jp/
※詳細は美術館へお問い合わせください

ページトップへ
2016.11.19更新情報
読売新聞(夕刊・11月19日)に展覧会情報が掲載されました。
読売新聞にて、現在開催中の白寿記念「堀 文子2016・・・現在」展の記事が掲載されました。
堀 文子氏の言葉と共に展覧作品について紹介されています。

◇読売新聞 夕刊  2016年11月19日(土) 9面Culture

ページトップへ
2016.11.16更新情報
「堀文子 新作版画」 ご予約受付中
今年、白寿を迎えた堀文子氏の最新作「紅梅」を版画にいたしました。


堀文子版画 「紅梅」
 
  →詳細はこちら
ページトップへ
2016.11.10更新情報
ナカジマアート開催の「白寿記念 堀文子展 2016…現在(いま)」
11月10日(木)から11月30日(水)まで開催
今年、白寿を迎えた堀文子氏。20年続けてきた「堀文子 現在(いま)」シリーズでは常に新しいテーマ技法にチャレンジし、新作を発表してきました。白寿という記念の年を迎えた今展では、一度歩みを止めて、アトリエにあるこれまで未発表の作品を堀氏自らが厳選して展示いたします。
最新作を含めた自選の作品とともに近年の画業を振り返る初の試みを是非ご高覧いただきたくご案内申し上げます。

白寿記念 堀文子展 2016…現在(いま)」
会期: 2016年11月10日(木)~11月30日(水)
時間: 11:00~18:30(会期中無休)
会場:ナカジマアート (画廊へのご案内
最新画文集「堀文子現在 第二集」、2017年暦も販売いたします。
詳細はこちら

ページトップへ
2016.11.10更新情報
『サライ』12月号に
「特別企画 白寿語録 堀文子」が掲載されました
『サライ』12月号に、特別企画 99歳の日本画家が語る「これが私の生きた道」が掲載されました。
数え年で99歳の白寿を迎えた日本画家の堀文子さん。大正から昭和、平成を歩んだ堀さんへの最新インタビューと20の珠玉の言葉から、堀さんが思うこと、伝えたいことを知る。

    ○  掲載誌  :  月刊誌 「サライ」 12月号 (11月10日発売)
        特別企画 99歳の日本画家が語る「これが私の生きた道」
        堀文子「白寿」語録

    ○  発  行  :  小学館
    ○  価  格 : 780円(税込)

ページトップへ
2016.11.10更新情報
『婦人之友』に堀文子氏インタヴュー記事が掲載されました
『婦人之友』12月号に、「堀文子 一心不乱に生きる」と題し、最新インタヴュー記事が掲載されました。

    ○  掲載誌  :  月刊誌 「婦人之友」 12月号 (11月11日発売)
        インタヴュー 「いま、伝えたいこと」
        「堀 文子 一心不乱に生きる」 インタヴュー河原理子(ジャーナリスト)
    ○  発  行  :  婦人之友社
    ○  価  格 : 760円(税込)

ページトップへ
2016.11.01.更新情報
ナカジマアート開催の「堀文子展・・・現在(いま)」【第二集】
20年間の作品をまとめた画文集が完成しました
11月10日より販売開始


「ただ一度の一生を美にひれ伏す」(堀 文子)



画文集『堀  文子  現在(いま)  since1995』 第ニ集
価格:1,620円(税込)

1995年のナカジマアート創立以来、毎年のように開催されている「堀文子展・・・現在(いま)」。
堀氏は毎回新しいテーマや技法にチャレンジされ「この展覧会で私の本性が出ました。」と語るほど今までの日本画の概念を超えた作品を次々と発表されました。
20年にわたり発表された作品を結集し、堀氏自らが監修した画文集「堀文子 現在(いま)」の第二集が完成いたしました。
→詳細はこちら
ページトップへ
2016.10.03.更新情報
「堀文子暦 2017」 販売開始しました
今年も堀文子氏監修の暦が仕上がりました。
氏の描く瑞々しい植物や野菜を、お楽しみください。
11月10日(木)から開催予定の堀文子展会場内でも販売いたします。

  「堀文子暦 2017」
 2,160円(税込)
 商品番号 :004-2017
 サイズ : 縦53.0×横36.4㎝
 内 容 : 8枚綴り

詳細はこちら
御予約、お問合せはこちらよりお願いいたします。
ページトップへ
2016.08.25更新情報
ナカジマアート開催の「白寿記念 堀文子展 2016…現在(いま)」
11月10日~開催決定
今年も、11月に堀文子氏の展覧会を開催致します。
7月2日で満98歳を迎えた堀文子氏の白寿記念の展覧会になります。詳細は随時更新致します。

「白寿記念 堀文子展 2016…現在(いま)」
会期: 2016年11月10日(木)~11月30日(水)
時間: 11:00~18:30(会期中無休)
会場:ナカジマアート

ページトップへ
2016.7.30 更新情報
家庭画報9月号の情報コーナー「EDITOR'S REPORT」に
堀文子の部屋が掲載されました
街の溢れる様々な情報の中から、読者にぴったり合った情報を家庭画報の編集部員が厳選してレポートする「EDITOR'S REPORT」の暮らしの遊ぶ心を紹介する「Hobby(ホビー)」に堀文子の部屋が掲載されました。

    ○  掲載誌  :  月刊誌 「家庭画報」 9月号 (8月1日発売)
        「EDITOR'S REPORT(エディターズレポート)」の「Hobby(ホビー)」
    ○  発 行  :  世界文化社
    ○  価 格  : 定価 1200円

ページトップへ
(放送しませんでした)
2016.8.18 更新情報

堀文子氏出演の「こころの時代~宗教・人生~
シリーズ私の戦後70年『今、あの日々を思う』」
再放送決定
堀文子氏が2015年10月に出演されたNHK「こころの時代」の再放送が決定いたしました。今回の放送は全国高校野球選手権が雨天等で中止になったときのみの放送になりますので予めご了承下さい。
シリーズ私の戦後70年。敗戦で日本人が見つめたもの、戦後積み重ねてきたものは何だったのか。私たちの生き方を問い直すシリーズ三回目は、命を描く画家の目を通した今。
    ○  番組     :  こころの時代~宗教・人生~ アンコール
                        シリーズ私の戦後70年「今、あの日々を思う」
                        出演/堀文子
    ○  放送     :  2016年8月20日(土)午後1:00~2:00  Eテレ 
    ○  番組ホームページはこちら

※全国高校野球選手権の試合が予定通り開催された場合の別日程の放送は予定されておりません。→※予定通り試合が放送されました
ページトップへ
(終了しました)
2016.7.29 更新情報

堀文子氏出演の「こころの時代~宗教・人生~
シリーズ私の戦後70年『今、あの日々を思う』」
アンコール放送決定
堀文子氏が2015年10月に出演されたNHK「こころの時代」のアンコール放送が決定いたしました。
シリーズ私の戦後70年。敗戦で日本人が見つめたもの、戦後積み重ねてきたものは何だったのか。私たちの生き方を問い直すシリーズ三回目は、命を描く画家の目を通した今。
    ○  番組     :  こころの時代~宗教・人生~ アンコール
                        シリーズ私の戦後70年「今、あの日々を思う」
                        出演/堀文子
    ○  放送     :  2016年8月14日(日)午前5:00~6:00  Eテレ 
    ○  番組ホームページはこちら

※放送は一回のみとなります。翌週土曜日の再放送はございません。
ページトップへ
(終了しました)
2016.7.22更新情報

5階 GALLERY SHOP 堀文子の部屋で
「堀文子 交遊録第一回 戸井十月」開催
戸井十月氏は、2008年より堀文子氏の取材を重ね、2011年にNHK総合テレビで放映された「群れない 慣れない 頼らない 画家 堀文子 九十三歳」を制作した。出会った当初より、意気投合した二人はその後も私的に交流を重ね、親交を深めた。今回、「堀文子交遊録第一回」として戸井十月氏と堀文子氏の関連資料を展示する。

定価:3,240円(税込)

GALLERY SHOP 堀文子の部屋
企画展 「堀文子交遊録第一回 戸井十月」

2016年7月22日(金)~8月31日(水)
11:00~18:30※日曜、祝日および8月7日(日)~17日(水)は休廊

会期中、戸井十月氏が制作された堀文子氏のインタビュー番組も上映。
64年の生涯をまとめた書籍「戸井十月 全仕事」(発行:小学館)も会場にて販売。堀文子氏とのエピソードも掲載されている。
ページトップへ
2016.7.22更新情報
朝日新聞(7月19日夕刊)に
「『ユートピア』堀文子作 福島県玉川村、福島空港」が掲載されました
2014年に完成した福島空港、旅客ターミナルビル陶板レリーフ「ユートピア」(原画・監修 堀文子)に関する記事が朝日新聞に掲載されました。

      ◇朝日新聞 夕刊  7月19日(火) アートリップ

      福島空港 旅客ターミナルビル 陶板レリーフ 「ユートピア」
      原画・監修:堀文子 企画:公益財団法人 日本交通文化協会
      制作:クレアーレ熱海ゆがわら工房 作品規模:幅4.5m×高さ5.5m

ページトップへ
2016.7.19更新情報
『婦人通信』に堀文子氏のインタビュー記事が掲載されました
婦人団体連合会が発行している「婦人通信」8月号に堀文子氏のインタビュー記事が掲載されました。

   ○  掲載誌  :  「婦人通信」 16年8月号 (平成28年8月1日発行)
                        特集 ふたたび戦争への道を許さない
            画家・堀文子さん 97歳の伝言―「女性は賢くなければ」
   ○  発   行 : 日本婦人団体連合会 
   ※書店では販売しておりません。 
      
ページトップへ
2016.7.2更新情報
堀文子先生98歳のお誕生日を迎えられました
大正7年(1918年)7月2日、父竹雄、母きよの6人兄弟の4番目の子として東京都麹町区平河町(現在の千代田区平河町)に生まれた堀文子先生。本日、98歳のお誕生日を迎えられました。
ページトップへ
2016.4.13更新情報
朝日新聞(夕刊・4/12)に「堀文子の部屋」が紹介されました
3月末よりオープンした堀文子氏の作品を常設展示し、オリジナルグッズも販売をしている「GALLERY SHOP~堀文子の部屋~」(当画廊の同ビル5階)が、銀座画廊の新たな試みとして文化面にて紹介されました。

      ◇朝日新聞 夕刊  4月12日(火) 文化面

ページトップへ
(終了しました)
2016.4.8更新情報

世田谷文学館コレクション展(4月23日~9月15日)にて
堀文子「壺井栄作品集『二十四の瞳』挿絵原画」展示のお知らせ
世田谷文学館コレクション展「作家たちの戦中・戦後」4月24日(土)~9月15日(木)にて、堀文子「壺井栄作品集『二十四の瞳』挿絵原画」が展示されます。

      世田谷文学館コレクション展 「作家たちの戦中・戦後」
      ○  会   場  :  世田谷文学館1階展示室
      ○  会   期  :  2016年4月23日(土)~9月15日(木)
      ○  休館日  :  毎週月曜日
                         (ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
      ○  詳細はこちら
ページトップへ
2016.4.8更新情報
サライ2016年5月号
巻頭特別対談「堀文子×姜尚中」掲載のお知らせ
サライ2016年5月号巻頭特別対談「堀文子×姜尚中」が掲載されました。
師をもたず、自由に、自己流で描き続ける堀文子さん。堀さんとの再会を楽しみにしていた姜尚中さんとの対談は、“逆上”を巡り、大いに意気投合する対談となった。

    ○  掲載誌  :  「サライ」2016年5月号(4月10日発売)
         巻頭特別対談「堀文子×姜尚中」
    ○  発行所  :  小学館
    ○  価   格  :  定価 750円
    ○  詳細はこちら

ページトップへ
2016.4.2更新情報
かまくら春秋4月号「堀文子と枝垂れ桜」掲載のお知らせ
かまくら春秋4月号の連載「花から読み解く文学25」に、「堀文子と枝垂れ桜」と題し、森千春さんの文章が掲載されました。

      ○  掲載誌  :  「かまくら春秋」 16年4月号 (平成28年4月1日発行)
                         連載 花から読み解く文学25 「堀文子と枝垂れ桜」森千春
      ○  発   行  :  かまくら春秋社
      ○  価   格  :  定価 320円 (税込)

ページトップへ
2016.3.30更新情報
堀文子オリジナルグッズ常設販売を開始しました
当画廊のあるアベビル5階に、堀 文子オリジナルグッズ常設販売スペースを設けました。銀座にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

【ナカジマアート オリジナルグッズ販売 Gallery Shop OPEN】
場所 : アベビル5階(地図はこちら

◇3階画廊にて開催中の展覧会出品作家作品展示
◇版画の展示、販売
◇作家グッズや書籍の販売

※5階が閉まっている場合は、3階画廊スタッフまでお声かけください。
ページトップへ
2016.3.24更新情報
大磯駅前に堀文子氏揮毫「湘南発祥の碑」についての
立看板設置のお知らせ
JR大磯駅前の堀文子氏揮毫「湘南発祥の碑」について詳しく紹介した、立看板が設置されました。大磯町が湘南発祥とした由来と共に、堀文子氏の略歴とこの石碑を設置するにあたり、本人より寄せられた【私の生涯】というメッセージも紹介しています。
大磯駅ご利用の際は是非、ご覧下さい。
      
【石碑「湘南発祥の地 大磯 著盡湘南清絶地 崇雪」について】立看板
場所 : JR大磯駅前
※立看板には英語表記もあります。

ページトップへ
2016.2.9更新情報
大磯駅前に「湘南発祥の碑」完成
堀文子氏揮毫
JR大磯駅前ロータリー内の植栽部分に、大磯町民や観光客の皆様に、大磯が湘南発祥の地であることを広くアピールするため、「湘南発祥の碑」が設置されます。碑文は、堀文子氏が揮毫しております。
 
写真提供:フォトグラファー 森川孝郎氏
    ○  完成披露式
        日 時  : 平成28年2月14日(日)10:00から
        場 所  : 聖ステパノ学園 澤田美喜記念館レリーフ広場(入口広場)
    ※完成披露式は終了しました。

ページトップへ
2016.2.9更新情報
「虹の橋を渡りたい」画家・堀文子九十七歳の挑戦
中田整一著(幻戯書房)発売
幻戯書房より、堀文子氏の評伝『虹の橋を渡りたい 画家・堀文子九十七歳の挑戦』が出版されました。

    ○ 「虹の橋を渡りたい 画家・堀文子九十七歳の挑戦」
    ○  著 者  :  中田整一
    ○  発行所  :  幻戯書房
    ○  価 格  : 定価 2000円+税
    ○  発行日 : 2016年1月15日


ページトップへ
2016.1.29更新情報
JAグループ発行の「家の光」3月号に
堀文子氏の言葉と作品が紹介されます
JAグループ発行の「家の光」3月号に堀文子氏の言葉と作品がカラー4頁で紹介されています。
2001年の代表作「幻の花 ブルーポピー」の話や、自然の中での人間の生き方などが綴られています。

    ○  掲載誌  :  月刊誌 「家の光」 3月号 (2月1日発売)
                「堀文子 生命の輝き」
    ○  発行所  :  JAグループ 一般社団法人 家の光協会
    ○  価 格  : 定価 617円
  
  ※書店での販売はございません。詳しくはこちら。(外部URLリンク)

ページトップへ
2015.11.27更新情報
読売新聞(朝刊・11/26)に
堀文子氏の自叙伝が紹介されました
読売新聞に堀文子氏の自叙伝「私流に現在を生きる」が紹介されました。
また、現在開催中の「堀文子展 2015…現在」の情報も氏の言葉と共に掲載されています。

     ◇読売新聞 朝刊 11月26日(木)

ページトップへ
2015.11.27更新情報
神奈川新聞(朝刊・11/23)
に堀文子氏の新作展情報が掲載されました
神奈川新聞に新作展情報が掲載されました。
現在開催中の「堀文子展 2015…現在」に出品されている新作と60年ぶりに発見された「海辺」に関して、堀文子氏の現在の心境と共に、詳しく紹介しています。

     ◇神奈川新聞 朝刊 11月23日(月)

ページトップへ
2015.11.21更新情報
「堀文子 新作版画」 ご予約受付中
今年、97歳を迎えた堀文子氏の最新作「名もなき草達」を版画にいたしました。


堀文子版画 「名もなき草達」
 
  →詳細はこちら
ページトップへ
2015.11.20更新情報
ナカジマアート開催の「堀文子展・・・現在(いま)」
20年間の作品をまとめた画文集が完成しました


「制作は私の感動の記録です。」(堀 文子)



画文集『堀  文子  現在(いま)  since1995』 第一集
価格:1,620円(税込)

1995年のナカジマアート創立以来、毎年のように開催されている「堀文子展・・・現在(いま)」。
堀氏は毎回新しいテーマや技法にチャレンジされ「この展覧会で私の本性が出ました。」と語るほど今までの日本画の概念を超えた作品を次々と発表されました。ナカジマアートが開廊20周年を迎えた2015年、「堀文子展・・・現在(いま)」で発表された作品を結集し、ご自身の監修で画文集を製作いたしました。
97歳の今も好奇心を失わず一歩でも高みを目指す氏の作品の軌跡をお楽しみ下さい。→詳細はこちら
ページトップへ
(終了しました)
2015.11.13.更新情報

堀文子氏出演の「こころの時代~宗教・人生~
シリーズ私の戦後70年『今、あの日々を思う』」
アンコール放送決定
堀文子氏が出演されたNHK「こころの時代」のアンコール放送が決定いたしました。
シリーズ私の戦後70年。敗戦で日本人が見つめたもの、戦後積み重ねてきたものは何だったのか。私たちの生き方を問い直すシリーズ三回目は、命を描く画家の目を通した今。
    ○  番組     :  こころの時代~宗教・人生~ アンコール
                        シリーズ私の戦後70年「今、あの日々を思う」
                        出演/堀文子
    ○  放送     :  2015年12月6日(日)午前5:00~6:00  Eテレ
    ○  再放送  :  2015年12月12日(土)午後1:00~2:00  Eテレ
    ○  番組ホームページはこちら
  
ページトップへ
2015.11.13更新情報
エッセイ集「私流に現在を生きる」発売
日本画壇におさまることなく、ただ自身が夢中になれるものを描き続けた画家・堀文子氏。画業の転機となった外国への旅、新しい感動を求め、重ねた転居、80歳を過ぎて訪れたヒマラヤ…。氏の来し方を振り返り、つれづれに思うことを綴ったエッセイ集が発売されました。
  「私流に現在(いま)を生きる」
 著者: 堀 文子
 出版社: 中央公論新社
 初版発行日: 2015年11月10日
 判型: B6判
 ページ数: 196ページ
 定価: 1200 円+税
 
ページトップへ
2015.11.13更新情報
東京新聞に堀文子氏の新作展情報が掲載されました
東京新聞に新作展情報が掲載されました。
現在開催中の「堀文子展 2015…現在」に特別出品されている60年ぶりに発見された「海辺」に関して詳しく紹介されています。

     ◇東京新聞 夕刊 11月10日(火)

ページトップへ
(終了しました)
2015.11.12更新情報
「堀 文子展2015・・・現在(いま)」


堀文子展2015…現在(いま)
11月12日(木)~12月2日(水)
11時~18時30分 ※会期中無休

97歳を迎えた日本画家堀 文子氏の新作展を開催中です。
大磯の自宅の庭に咲く名も知れぬ草花、相模湾から昇る朝日、高麗山に沈む夕日や冬枯れの木々・・・。その姿を克明に記録し、時に自身の老いていく身体と重ね合わせて描いた今年の最新作が並びます。
また今展では、今年偶然発見された60年前の作品「海辺」を特別展示いたします。

◇ナカジマアートまでの道のりはこちら
ページトップへ
(終了しました)
2015.10.01.更新情報

「こころの時代~宗教・人生~
シリーズ私の戦後70年『今、あの日々を思う』」
堀文子氏出演決定
堀文子氏がNHK「こころの時代」に出演されることが決定いたしました。
シリーズ私の戦後70年。敗戦で日本人が見つめたもの、戦後積み重ねてきたものは何だったのか。私たちの生き方を問い直すシリーズ三回目は、命を描く画家の目を通した今。
    ○  番組     :  こころの時代~宗教・人生~
                        シリーズ私の戦後70年「今、あの日々を思う」
                        出演/堀文子
    ○  放送     :  2015年10月11日(日)午前5:00~6:00  Eテレ
    ○  再放送  :  2015年10月17日(土)午後1:00~2:00  Eテレ
    ○  番組ホームページはこちら
  
ページトップへ
2015.09.28.更新情報
「堀文子暦 2016」 販売開始しました
今年も堀文子氏監修の暦が仕上がりました。
氏の描く瑞々しい植物や野菜を、お楽しみください。
11月12日(木)から開催予定の堀文子展会場内でも販売いたします。

  「堀文子暦 2016」
 2,160円(税込)
 商品番号 :004-2016
 サイズ : 縦53.0×横36.4㎝
 内 容 : 8枚綴り

詳細はこちら
御申込、お問合せはこちらよりお願いいたします。
ページトップへ
2015.09.10.更新情報
サライ10月号  堀文子最新作掲載
月刊誌「サライ」(小学館)10月号で、堀文子氏最新作「落日の図   冬枯れの林を太陽が落ちる」がいち早くご覧いただけます。
掲載作品は、11月12日(木)~12月2日(水)ナカジマアートにて開催予定の「堀文子展  2015・・・現在(いま)」で展示予定です。

    ○  掲載誌  :  「サライ」10月号(9月10日発売)
         「命といふもの~今だから聞いておきたいこと」
         画/堀文子  文/壇ふみ
         第21回 一ミリでもいいから
    ○  発行所  :  小学館
    ○  詳細はこちら
  
ページトップへ
2015.09.08.更新情報
「堀文子暦 2016」 予約受付開始します
今年も堀文子氏監修の暦が仕上がりました。
氏の描く瑞々しい植物や野菜を、お楽しみください。
11月12日(木)から開催予定の堀文子展会場内でも販売いたします。

  「堀文子暦 2016」
 2,160円(税込)
 商品番号 :004-2016
 サイズ : 縦53.0×横36.4㎝
 内 容 : 8枚綴り

詳細はこちら
御予約、お問合せはこちらよりお願いいたします。
※9月28日(月)以降、順次発送となります。
ページトップへ
2015.08.24更新情報
ナカジマアート「堀文子展 2015・・・現在」
11月12日~開催決定
今年も、11月に堀文子氏の新作展「堀文子展2015・・・現在」を開催致します。
毎年変化を続ける氏、97歳の新作展です。


「堀文子展 2015・・・現在(いま)」
会期: 2015年11月12日(木)~12月2日(水)
時間: 11:00~18:30(会期中無休)

ページトップへ
2015.08.21更新情報
東京新聞・中日新聞 朝刊(8/8)
堀文子氏インタビュー掲載
東京・中日新聞で、テーマ「戦争と女性」に堀文子氏のインタビューが掲載されました。
戦争中、女性がわが子や夫、兄弟を戦場に出す時に「万歳」と言わされた姿を見て憤りを感じたと話す氏。戦争の記憶と共に、現在の日本の現状について、自身の考えを語られました。
 ◇東京新聞・中日新聞 朝刊 8月8日(土) 4面
「考える広場」
テーマ:「戦争と女性」

ページトップへ
2015.06.08更新情報
兵庫県立美術館
「堀文子【一所不住・旅】展」来場 5万人達成
6月7日(日)まで開催されていた兵庫県立美術館「堀文子【一所不住・旅】展」で来場者が5万人に達しました。

※こちらの展覧会は6月7日で終了しました。
ページトップへ
2015.06.02更新情報
黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ第29弾
「ルーマーズ」パンフレットに対談掲載
黒柳徹子氏主演舞台「ルーマーズ」のパンフレットに黒柳徹子氏と堀文子氏の対談が掲載されています。
「生きる、旅する、見つめる 好奇心が原動力・二人の表現者」というタイトルでお二人の経験や堀文子氏の作品について語られています。
ページトップへ
(終了しました)
2015.04.21更新情報
兵庫県立美術館「堀文子【一所不住・旅】展」
2015年4月18日より開催
画業80年に及ぶ、日本画家堀文子氏回顧展を兵庫県立美術館で開催する。
自身の言葉「一所不住・旅」をテーマに、初期から最新作まで約130点と、秘蔵の写真やスケッチを紹介し、
堀文子芸術の全容と人間像に迫る。

堀文子 【一所不住・旅】展
会場:兵庫県立美術館
会期:2015年4月18日~6月7日


※詳細はこちら
ページトップへ
2015.02.09更新情報
毎日新聞「創作の原点 戦後70年」掲載
96歳の画家・堀文子氏は、日本が戦争への道を突き進む経過と、敗戦後の変化を体全体で感じてきた。その体験が絵画の創作にどう表れて来たのか…
戦後70年になった現在、堀文子氏の言葉で語っている。

◇掲載誌 : 毎日新聞 夕刊8面
<創作の原点 戦後70年>
 ◇掲載日:[上]2015年2月9日(月) 「違和」感じ美の道に
[下]2015年2月16日(月) 「戦前の傾き」に酷似
   
     
ページトップへ
(終了しました)
2015.01.19更新情報
兵庫県立美術館「堀文子 一所不住・旅」
2015年4月18日より開催
画業80年に及ぶ、日本画家堀文子氏回顧展を兵庫県立美術館で開催する。
自身の言葉「一所不住・旅」をテーマに、初期から最新作まで約130点と、秘蔵の写真やスケッチを紹介し、
堀文子芸術の全容と人間像に迫る。

「堀文子 一所不住・旅」
会場:兵庫県立美術館
会期:2015年4月18日~6月7日


※詳細は随時、更新致します。
ページトップへ
2014.12.11更新情報
「堀文子 新作版画」 ご予約受付中
今年、96歳を迎えた堀文子氏の最新作「白山吹と雑草」を版画にいたしました。


堀文子版画 「白山吹と雑草」
 
  →詳細はこちら
ページトップへ
2014.11.19更新情報
朝日新聞社夕刊(11/19)
堀文子氏インタビュー掲載
90歳を超えて絵筆を持ち続ける2人の画家として、堀文子氏(96)と野見山暁治氏(93)を朝日新聞文化面で紹介している。
現在、東京でそれぞれ個展を開催中の二人がともに、群れを作らず、描きつづけてきた歩みなどについて語る。

 ◇11月19日(水) 朝日新聞 夕刊文化面
ページトップへ
(終了しました)
2014.11.19更新情報
浜松市秋野不矩美術館
「堀文子展」来場 1万人達成
11月16日まで開催されていた浜松市秋野不矩美術館「堀文子展」で来場者が14日、1万人に達し、記念セレモニーが行われた。
秋野不矩美術館では、来場者数1万人達成は「生誕100年記念秋野不矩美術館展」以来、6年ぶりとのこと。
※こちらの展覧会は11月16日で終了しました。

ページトップへ
(終了しました)
2014.11.13更新情報
「堀文子展 2014…現在(いま) ~初夏(はつなつ)の白い花達~」
新作展 開催中
今年96歳を迎えた堀文子氏の新作展を開催します。
今展は「名もなきもの」の続編となる「初夏(はつなつ)の白い花達」シリーズを展覧。
蓄積された感動や驚きがあふれ、逆上し、興奮して描いた作品は、堀文子氏の現在(いま)を見せてくれる。
堀文子展 2014…現在(いま)
 ~初夏(はつなつ)の白い花達~

 2014年11月13日(木)~12月3日(水)
 11:00~18:30(会期中無休)

※左記は、新作の「白山吹と雑草」。

 →詳細はこちら

 →画廊への御案内はこちら
※こちらの展覧会は12月3日で終了しました。
ページトップへ
2014.11.13更新情報
産経新聞朝刊文化面(11/13)で新作展紹介
11月13日より開催されている堀文子展を産経新聞にて紹介している。
96歳のいまも絵筆を握り、旺盛に作品を生み出している原動力を堀文子氏の言葉で作品と共に紹介している。是非、ご覧下さい。

◇11月13日(木) 産経新聞朝刊 文化面
ページトップへ
2014.11.11.更新情報
月刊誌「PHP」12月号
表紙絵は新作「白山吹と雑草」
2012年1月から月刊誌「PHP」の表紙絵を担当されていた堀文子氏。
3年間表紙絵を飾っていましたが、2014年12月号を最後に終了となります。ラストを飾るのは今年の新作展で発表される「白山吹と雑草」。今夏、自宅の庭に咲いた、けなげに生きる白い花達の姿を描いた作品。店頭で見かけた際は、是非ご覧下さい。
◇ 掲載誌 : 月刊誌 「PHP」12月号
表紙絵「白山吹と雑草」 2014年新作

発行:株式会社PHP研究所 (11月10日発売) 定価205円  
ページトップへ
2014.11.10.更新情報
雑誌「東京人」12月増刊
対談 堀文子氏×大村智氏
堀文子氏の母校である女子美術大学百十余年の歴史を特集した雑誌「東京人 12月増刊号」で、現女子美術大学理事長の大村智氏と対談。科学者である大村智氏と以前から親交があった堀文子氏。美術と科学、異なる分野を究めながらも、互いの分野に高い関心を寄せていたという二人の融合が心に響く言葉を生み出します。
 ◇ 掲載誌 : 「東京人」12月増刊号
特集「美を巡る、女性たちの闘い」

<対談> 堀文子氏(日本画家)×大村智氏(女子美術大学理事長)
「美術と科学の融合が生み出す、きらめく言葉たち」

発行:都市出版 (11月13日発売)  定価:720円
ページトップへ
2014.11.10.更新情報
雑誌「いきいき」に堀文子新作展紹介
50代からの生きかた・暮らしかたを応援する雑誌「いきいき」で、11月13日より開催予定の新作展「堀文子展 2014…現在(いま) ~初夏の白い花達~」について、先生の言葉と共に紹介しています。

 ◇掲載誌 : 「いきいき」12月号
アートコレクションにて2頁で紹介

発行:いきいき株式会社 (11月10日発売)
※書店ではお求めになれません。
ページトップへ
2014.09.19.更新情報
「堀文子暦 2015」 販売開始
今年も堀文子氏監修の暦が仕上がりました。
今回は、昨年の新作展で発表された「萩」や今年の新作「紫陽花」など、近年の作品6点を1年かけて、お楽しみいただけます。
11月13日(木)から開催予定の堀文子展会場内でも販売いたします。
 
「堀文子暦 2015」
 2,160円(税込)
 
 サイズ : 縦53.0×横36.4㎝
 内 容 : 8枚綴り
※表紙「萩」2013年の作品(一部) 

 →詳細はこちら

ページトップへ
2014.09.19.更新情報
サライ11月号掲載
<特別対談> 堀文子×タモリ
毎年一度、月刊誌「サライ」(小学館)で様々な分野の人と対談をされてきましたが、今回はタレントのタモリさんと対談されました。
共通項の多い二人が、芸能、幼少時代、人生観などを語ります。
堀文子氏は、「命といふもの」特別編にも文章を綴っておりますので、合わせてご覧下さい。
 
  ○ 掲載誌 : 「サライ」11月号(10月10日発売)
     巻頭特別対談 堀文子(日本画家)×タモリ(タレント)
  ○ 発行所 : 小学館
  
ページトップへ
(終了しました)
2014.09.05.更新情報
浜松市秋野不矩美術館「堀文子展」開催のお知らせ
静岡県にある浜松市秋野不矩美術館にて堀文子展が開催されます。
堀文子氏が日々の生活や旅の中で眼のあたりにした自然の不思議さ、厳しさ、美しさを感じて制作された作品を中心に39点を展示します。
70余年にわたる画業をこの機会に是非ご展望下さい。

    「特別展 堀文子展」  
  2014年10月11日(土)~11月16日(日)

    
  【会   場】 浜松市秋野不矩美術館
  【開館時間】 午前9時30分~午後5時
  【休 館 日 】 休館日10/14、20、11/4、11/10
  【観 覧 料 】 一般800円、高校生500円、小中学生300円

※詳細は秋野不矩美術館HPをご覧下さい。→こちら
※11月16日で終了しました
          
ページトップへ
2014.09.05.更新情報
2014年堀文子氏の新作展開催決定
毎年ナカジマアートで開催されている堀文子展が今年も開催されます。
96歳の現在(いま)を是非ご高覧下さい。

     【展覧会名】 堀文子展 2014…現在(いま)~初夏の白い花達~
    【会   期】 2014年11月13日(木)~12月3日(水)
            11:00~18:30(会期中無休)
   【会    場】 ナカジマアート
   
※詳細は随時、ご連絡いたします。→展覧会情報
ページトップへ
(終了しました)
2014.09.05.更新情報
TBS「世界・ふしぎ発見!」出演のお知らせ
世界各地を取材し、歴史や文化の素晴しさや不思議を紹介する番組「世界・ふしぎ発見!」で、レギュラー解答者として出演されている黒柳徹子さんについての特集が放映されます。そこで、黒柳さんが人生の目標とし尊敬している人物の一人として堀文子氏と対談しています。

  番組名: 「世界・ふしぎ発見!」 
  ~黒柳徹子 不老不死伝説 100歳まで元気に美しく生きる方法~
  放送日: 2014年9月13日(土) 21:00~21:54 (予定)
  放送局: TBSテレビ

ページトップへ
2014.08.07.更新情報
「中央公論」9月号特集に堀文子氏の文章掲載
月刊誌「中央公論」9月号の特集「終活戦線異状あり」にて、堀文子氏の文章が掲載されています。
理想の最期「死と手をつないで、淡々と」と題された文章には、現在の堀文子氏の心情が語られています。

     ○  掲載誌  :  「中央公論」9月号(8月10日発売)
          特集「終活戦線異状あり」  理想の最期「死と手をつないで、淡々と」
     ○  発行所  :  中央公論新社
     ○  定   価  :  930円(税込)

ページトップへ
2014.05.31.更新情報
月刊誌「家庭画報」7月号で
政治学者・姜尚中氏と対談
月刊誌「家庭画報」で政治学者の姜尚中氏が様々な文化人と対談する「カルチャートーク」。7月号は堀文子氏が対談されました。
「今を一心不乱にいきなければと思っております」と語る堀文子氏と姜尚中氏の初対談です。
 
  ○ 掲載誌 : 「家庭画報」7月号(5月31日発売)
     姜尚中カルチャートーク5 姜尚中(政治学者)×堀文子(日本画家)
  ○ 発行所 : 世界文化社
  ○ 定  価 : 1,200円(税込)


ページトップへ
2014.04.25.更新情報
女子美術大学にて
堀文子氏寄贈の「ホルトの木」植樹祭開催
堀文子氏が伐採の危機から守り、大切にしてきた樹齢五百年になる巨木「ホルトの木」。この巨木の苗木を堀文子氏の母校女子美術大学相模原キャンパスに植樹されることになりました。
植樹を記念して開催された植樹祭に堀文子氏も出席。五百年の歴史を生きてきた老木の子どもが女子美術大学で新たな生命として成長していくことを願います。

 堀文子名誉博士寄贈「ホルトの木」植樹祭
 日時:平成26年4月24日(木)
 場所:女子美術大学 相模原キャンパス

←写真左:植樹された「ホルトの木」の前で女子美術大学の大村智理事長と堀文子氏。
ページトップへ
2014.4.11更新情報
特別編「命といふもの」 堀文子氏が作品への思いを綴る
堀文子氏が、雑誌「サライ」で2004年から9年間、162回続いた連載「命といふもの」。
今年2月に福島空港に制作監修した陶板レリーフ「ユートピア」設置にあたり、堀文子氏が作品に込められた思いを「命といふもの 特別編」に綴りました。
同誌には、設置された壁画に関する記事も掲載されています。

 ○ 掲載誌 : 月刊誌「サライ」5月号 (4月10日発売)
 ○ 発行所 : 小学館
 ○ 定  価 : 780円

ページトップへ
2014.4.3更新情報
雑誌「いきいき」にて堀文子氏のインタビュー掲載
今年2月に福島空港に制作監修した陶板レリーフ「ユートピア」が設置された堀文子氏。その陶板レリーフの紹介と共に、「自分の最期にさえ興味津々」と話す、堀文子氏の好奇心と新たな挑戦について語られています。

 ○ 掲載誌 : 月刊誌「いきいき」5月号
 ○ 発行所 : いきいき株式会社
 ○ 価  格 : 1冊660円 
※定期購読等で価格が異なります。
※書店ではお求めになれません。全国どこでも、直接ご自宅へお届けになります。
※詳細は、いきいき株式会社までお問合せ下さい。
ページトップへ
2014.4.1.更新情報
3/27発売の「南極海に生きる動物プランクトン」
装丁に堀文子氏の作品使用
国立極地研究所で、極地研ライブラリーシリーズとして刊行した「南極海に生きる動物プランクトン」にて、堀文子先生の作品「幼生達の集い」(2008年)が使用されております。 内容でも、一部紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 南極海に生きる動物プランクトン
 ―地球環境の変動を探る―極致研ライブラリー
■ 著書名:福地光男・谷村篤・高橋邦夫 共著
■ 発売日:2014年3月27日
■ 出版社:株式会社成山堂書店
■ 価 格:2,592円(税込)
■ 使用作品:「幼生達の集い」(2008年)、他
ページトップへ
2014.3.10.更新情報
福島空港 陶板レリーフ「ユートピア」誕生

 作品名「ユートピア」
2014年2月16日(日)より、福島空港旅客ターミナルビル1階ロビーにて、堀文子氏の原画、制作監修による陶板レリーフが設置されました。
福島空港ご利用の際は是非ご覧下さい。
ページトップへ
2014.2.3.更新情報
福島空港に堀文子氏の「ユートピア」が壁画となって誕生
日本各地の公共空間にパブリックアートの設置をしている「公益財団法人 日本交通協会」が、35年目となる2014年に通算500作品目となるパブリックアートとして、福島空港ターミナルビル1階ロビーに堀文子氏の作品「ユートピア」を設置します。
堀文子氏の原画、制作監修による陶板レリーフで、福島の自然の中で育まれる命の楽しい集い「ユートピア」が、「陶」で表現されています。この壁画は、福島復興のシンボルのひとつになることを願って制作されています。
福島空港ご利用の際は是非ご覧下さい。

 作品 : 「ユートピア」
 原画制作・制作監修:堀文子/制作:クレアーレ熱海ゆがわら工房
 陶板レリーフ/規模:幅約4.5m×高さ約5.5m
 ■ 2014年2月16日(日)より誕生

    設営場所 福島空港ターミナルビル1階ロビー
 ■  陶板レリーフ除幕式典 開催
    2014年2月16日(日)11:00~15:00 ※雨天決行
 (終了しました)
ページトップへ
2014.1.23.更新情報
東京新聞・中日新聞の生活情報誌にインタビュー記事掲載
毎月、生活情報誌として発行している東京新聞「暮らすめいと」と中日新聞「ローズ」に堀文子氏のインタビュー記事が掲載されました。
95歳の現在(いま)を生きる堀文子氏の「群れず 慣れず 頼らず」の人生と昨年、ナカジマアートで開催された展覧会のテーマ「名もなきもの」について語っています。

 ○ 東京新聞 『暮らすめいと』 2014年2月号
   発行エリア:首都圏 / 配布日:毎月中旬~月末
 ○ 中日新聞 『ローズ』 2014年1月号
   発行エリア:名古屋市全域 / 発行日:毎月第3土曜日
※東京新聞、中日新聞は内容が異なります。
ページトップへ
2014.1.10.更新情報
東京新聞(1/9・朝刊)で日本の現状について語る
東京新聞朝刊の「発言・ミラー」に堀文子氏が、日本の現状について意見を述べられています。

 ■ 東京新聞朝刊 
 ■ 掲載日:2014年1月9日(木)
 
ページトップへ
2013.12.27.更新情報
ゆうゆうにて特別インタビュー掲載
2014年2月号「ゆうゆう」にて堀文子氏の特別インタビューが掲載されています。
「堀文子展2013・・・現在~名もなきもの~」の新作も、数点紹介されています。
堀文子氏の言葉を是非お楽しみ下さい。

 ○ 掲載誌 : ゆうゆう 2014年2月号(冬の特大号)
 ○ 発行所 : (株)主婦の友社
 ○ 発売日 : 2013年12月27日
 ○ 価  格 : 定価740円
 ※お買い求めは、お近くの書店でお願いします。
ページトップへ
2013.12.27.更新情報
月刊誌PHPの表紙絵2014年継続
PHP研究所発行の月刊誌「PHP」表紙画を堀文子氏が2012年より担当していましたが2014年からも1年間継続される事が決定いたしました。
月刊「PHP」
【発売日】2013年12月10日※以後、毎月10日発売
【定価】200円
ページトップへ
2013.11.28.更新情報 
婦人公論にて村松友視氏と対談
堀文子氏の評伝小説「極上の流転」(中央公論新社より発売中)の著者、村松友視氏と堀文子先生の対談が「婦人公論」で掲載されています。二人が人生の妙味についての語り合っています。

 ○ 掲載誌 : 婦人公論 12/7号
 ○ 発行所 : 中央公論新社
 ○ 発売日 : 2013年11月22日
 ○ 価  格 : 定価550円
 ※お買い求めは、お近くの書店でお願いします。

ページトップへ
 2013.11.28.更新情報 
名都美術館にて
「堀文子 ―生命の輝きを求めて―」開催中
愛知県の名都美術館にて現在開催中のコレクション展の特集展示で、堀文子氏の作品をデッサンとともに展示しています。

■開催概要■
  <特集展示> 堀文子 ―生命の輝きを求めて―
  2013年11月23日(土・祝)~12月23日(月・祝) 
  開館時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで) 
         ※休館日:毎週月曜日(12月23日(月・祝)開館)
  入 館 料  一般600円、大学生300円、中高生150円、小学生以下無料
  場   所  名都美術館
         (〒480-1116 愛知県長久手市杁ヶ池301番地 TEL:0561-62-8884)

詳しくは美術館へお問合せ下さい。
ページトップへ
 2013.11.19.更新情報 
「堀文子 新作版画」 ご予約受付中
堀文子氏の最新作「檜扇水仙」を版画にいたしました
今年95歳を迎えた氏の心をとらえたのは、これまで主役になることのなかった雑草たち。「名もなきもの」の生き方に自身を重ね、その姿を描いた珠玉の作品です。
11月7日から12月4日の堀文子展の会場内に展示中です。

詳しくはこちらから
ページトップへ
 2013.11.07.更新情報 
「徹子の部屋」に出演されました
堀文子氏が下記の日程で「徹子の部屋」に出演されました

○ 2013年11月18日(月)  午後1:20~1:55放送
○ テレビ朝日 「徹子の部屋」

 ※11月7日~12月4日開催の新作展の作品も一部紹介。
(終了しました)

ページトップへ
(終了しました)
2013.11.07.更新情報
「堀文子展 2013…現在(いま) ~名もなきもの~」
新作展 開催中
95歳を迎えた日本画家堀文子氏の新作展を開催いたします。今回のテーマは「名もなきもの」。何度踏まれても逞しく生きる小さな生命の尊さを描いた作品の数々を是非ご高覧下さい。

   堀文子展 2013…現在(いま)
 ~名もなきもの~

 2013年11月7日(木)~12月4日(水)
 11:00~18:30(会期中無休)

※左記は、新作の「名もなきものシリーズ 檜扇水仙」。

 →詳細はこちら

 →画廊への御案内はこちら
ページトップへ
2013.09.20.更新情報
「堀文子 暦 2014」 販売開始
来年2014年の堀文子氏監修の暦が仕上がりました。近年の新作6点を1年かけて、お楽しみ頂けます。
11月7日(木)から開催予定の堀文子展会場内でも販売いたします。

 
「堀文子暦 2014」
 2,100円(税込)
 
 サイズ : 縦53.0×横36.4㎝
 内 容 : 8枚綴り
※表紙「秋草」2012年の作品(一部) 

 →詳細はこちら

ページトップへ
 2013.09.12.更新情報 
月刊誌「PHP」にて堀文子氏インタビュー記事掲載
現在、堀文子氏が表紙を飾る月刊誌「PHP」10月号にて、インタビューが掲載されてます。「日本人の美しい心」と題し、戦時中、東日本大地震、自然への想い、絵について写真と共に7頁にわたり、語られています。

 ○ 掲載誌 : 月刊誌「PHP」10月号 インタビュー「明日への思い」
 ○ 発行所 : 株式会社PHP研究所
 ○ 発売日 : 2013年9月10日
 ○ 価  格 : 定価200円
 ※お買い求めは、お近くのコンビニ・書店でお願いします。

ページトップへ
 2013.08.07.更新情報 
村松友視著 「極上の流転 堀文子への旅」 発売のお知らせ
村松友視氏による堀文子氏の評伝小説が、2013年8月25日中央公論新社より発売されます。
95歳の今もなお現役で画業を続ける堀文子氏。
その自由闊達な魂と、ユーモアと諧謔に溢れた精神を余すところなく伝える評伝小説。
「極上の流転 堀文子への旅」

 著者: 村松友視
 出版社: 中央公論新社
 初版発行日: 2013年8月25日
 判型: 四六判
 ページ数: 260ページ
 定価: 1600円+税
ページトップへ
〈終了しました〉
2013.09.03更新情報
「極上の流転―堀文子への旅」 刊行記念
村松友視先生 講演会&サイン会 開催のお知らせ
『極上の流転―堀文子への旅』(中央公論新社より8月25日発売。※詳細は8月7日更新情報ご確認下さい。)の刊行を記念して、著者・村松友視先生の講演会&サイン会を開催致します。

  日時:2013年9月6日(金) 18時30分~20時30分(開場:18時00分)
  場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
  <募集要項>
  ○募集人数:80名(申込先着順)
  ○申込方法:1階カウンター(八重洲ブックセンター本店)にて、
   対象書籍をお買い求めの方に整理券配布。電話申込み可。
   (電話番号:03-3281-8201)
  ○対象書籍:『極上の流転―堀文子への旅』
  主催:八重洲ブックセンター 協賛:中央公論新社
  ※詳細は、八重洲ブックセンターへお問合せ下さい。

ページトップへ
2013.07.04.更新情報
巡回展「はじめての美術 絵本原画の世界」にて
絵本原画展示

現在、宮城県美術館で開催中の「はじめての美術 絵本原画の世界」で、堀文子氏が1956年に創刊された「こどものとも」シリーズ(福音館)で描いた「ピップとちょうちょう」と「はなとあそんできたふみこちゃん」の絵本原画を展示中です。
その後、名古屋、平塚、静岡を巡回。

 「はじめての美術 絵本原画展」
 ■ 宮城県美術館  4月6日(日)~5月12日(日) 
※終了致しました。
 ■ 名古屋市美術館  6月15日(土)~7月21日(日) ※終了致しました。
 ■ 平塚市美術館  7月27日(土)~9月8日(日) ※終了致しました。
 ■ 静岡市美術館  9月14日(土)~10月27日(日)
 ※終了致しました。
 ※詳細は各美術館へお問い合わせ下さい。
 ※上記情報は、4/26に更新したものと同じ情報です。

ページトップへ
2013.04.30.更新情報
毎日新聞【関西版】(4/22)の特集にて
戦争の実体験について語る
毎日新聞【関西版】夕刊の特集ワイド「今、平和を語る」で東京・平河町で育った堀文子氏が、遭遇した2・26事件や戦死した兄弟のこと、東京大空襲で焼け出された実体験を話されています。

 ■ 毎日新聞【関西版】 特集ワイド「今、平和を語る」
 ■ 掲載日:2013年4月22日 夕刊


ページトップへ
2013.04.26.更新情報
巡回展「はじめての美術 絵本原画の世界」にて
絵本原画展示

現在、宮城県美術館で開催中の「はじめての美術 絵本原画の世界」で、堀文子氏が1956年に創刊された「こどものとも」シリーズ(福音館)で描いた「ピップとちょうちょう」と「はなとあそんできたふみこちゃん」の絵本原画を展示中です。
その後、名古屋、平塚、静岡を巡回。

 「はじめての美術 絵本原画展」
 ■ 宮城県美術館  4月6日(日)~5月12日(日)
 ■ 名古屋市美術館  6月15日(土)~7月21日(日)
 ■ 平塚市美術館  7月27日(土)~9月8日(日)
 ■ 静岡市美術館  9月14日(土)~10月27日(日)

 ※詳細は各美術館へお問い合わせ下さい。

ページトップへ
2013.04.26.更新情報
野鳥の会の会報誌「野鳥」
Art Galleryコーナーに作品紹介

(公財)日本野鳥の会の会報誌「野鳥」の鳥や自然にまつわる作品を紹介するコーナー「Art Gallery」で堀文子氏が紹介されています。
代表作「ケツァール(古代マヤの守護神)」(2009年)と「鳥達の歌」(2002年)の作品について、鳥に対する想いなどを綴っています。

 ■ 会報誌 「野鳥」 2013年5月号
 ■ 平成25年5月1日発行 
 ■ 発行: 公益財団法人・日本野鳥の会

ページトップへ
2013.04.02.更新情報
HITACHI 「レアリタス」 Vol.4
世紀を超えて、旬・人【しゅん・びと】④にインタビュー記事掲載

株式会社日立製作所発行の企業誌「Realitas」(レアリタス)Vol.4の
「Interview/世紀を超えて、旬・人【しゅん・びと】」にて堀文子氏のインタビュー記事が掲載されました。
画文集の言葉を引用しつつ、6ページにわたり、堀文子氏らしい言葉で語られています。

 ■ Realitas[レアリタス] Vol.4
 ■ 平成25年3月25日発行 
 ■ 発行: 株式会社日立製作所 情報・通信システム社

ページトップへ
  2013.03.16.更新情報
朝日新聞【関西版】(3/6)で小倉遊亀氏について語る
神戸・御影の香雪美術館で「小倉遊亀 慈愛のまなざし」開催にあたり、堀文子氏が朝日新聞(※関西版)で尊敬の念を寄せていた日本画家小倉遊亀氏との思い出をつづった。

 ■ 朝日新聞夕刊※関西版 
 ■ 掲載日:2013年3月6日(水)
 
 
香雪美術館 特別展 「小倉遊亀 慈愛のまなざし」 
   2013年3月9日(土)~5月6日(月)  ※詳細は美術館へお問合せ下さい。
 
ページトップへ
 2013.01.09.更新情報 
読売新聞朝刊(1/7)にインタビュー記事掲載

読売新聞朝刊社会面、2013年新年連載「生きる 語る」の第5回に堀文子氏がインタビューと共に紹介されています。昨年の新作展のことや、人生の転機になった出来事などが語られています。

 ■ 読売新聞朝刊(社会面) 2013年新年連載「生きる 語る」 第5回
 ■ 掲載日:2013年1月7日

ページトップへ
2012.12.11.更新情報
月刊誌PHPの表紙絵2013年継続

PHP研究所発行の月刊誌「PHP」表紙画を堀文子氏が2012年より担当していましたが、2013年からも1年間継続される事が決定いたしました。

月刊「PHP」
 
【発売日】2012年12月10日※以後、毎月10日発売
【定価】200円
2013年1月号は「太神楽」(制作年:2005年)

 
ページトップへ
2012.12.11.更新情報
雑誌『サライ』1月号
2012年新作「日本の意匠」掲載

12月5日まで開催されていた「堀文子展 2012…現在(いま)」で発表した「日本の意匠」。月刊誌「サライ」(小学館)で連載中の「命といふもの」第156回にて、日本の伝統ゲーム花札を描いた事について作品と共に文章でまとめています。

 ■ 月刊誌『サライ』1月号 「命といふもの」第156回 
 ■ 販売元:小学館
 ■ 発売日:2012年12月10日

 
ページトップへ
2012.11.21.更新情報
朝日新聞夕刊「自作再見」にインタビュー記事掲載

朝日新聞夕刊の美術面で毎月1回連載中のコラム「自作再見」で、堀文子氏のインタビュー記事が掲載されています。自身の転機となった作品について語っています。

 ■朝日新聞夕刊 「自作再見」 
 ■掲載日:2012年11月21日夕刊 
 ※朝日マリオンに展覧会情報も掲載されています。

ページトップへ
〈終了しました〉
2012.11.15.更新情報

《堀文子展 2012・・・現在(いま) 開催のお知らせ》

今年94歳を迎えた堀文子氏の新作展を開催いたします。
「私には一貫した画風はない」という言葉通り、毎年新しい作品を発表しつづけている氏が
今年の新作展も、「現在(いま)」今までにない新たな世界に挑み、心からの感動を託した作品の数々を発表致します。
【会期】2012年11月15日(木)~12月5日(水)
     11:00~18:30 (会期中無休)
【会場】ナカジマアート

→ナカジマアートへのアクセス
→詳細はこちら

ページトップへ
〈終了しました〉
 2012.10.04.更新情報 
女子美アートミュージアム開催
刺繍をまなぶ
「蜂鳥が来る」原画展示
堀文子氏の母校、女子美術大学で開催される同窓会企画展「刺繍をまなぶ」で堀文子氏の作品「蜂鳥が来る」を基に制作された能装束と原画を展示致します。
  ■開催概要■
  「刺繍をまなぶ」
  2012年11月3日(土・祝)~25日(日) ※休館日:火曜日
  10:00~17:00 (入館は16:30まで) 入館料無料  
  場   所 : 女子美アートミュージアム(女子美術大学内)

→詳細はこちら (外部サイト)

 ページトップへ
〈終了しました〉
2012.10.04.更新情報 
「第17回認知神経科学会学術集会」
イメージ画&文化対談
9月29・30日に開催された「第17回認知神経科学会学術集会」で、堀文子氏の2010年の作品「ニューロンは考える」がイメージ画として使用されました。
また、会長の渡辺英寿氏(自治医科大学 脳神経外科)と文化対談「芸術家から見た脳」をテーマに特別講演を行いました。

  ■開催概要■
  学術集会 : 第17回認知神経科学会学術集会
  日   時 : 9月29日(土)、30日(日)  
  場   所 : 東京大学先端知ビル武田ホール 
  ○特別講演 
    文化対談 29日14:30~15:00 「芸術家から見た脳」
    渡辺英寿氏(自治医科大学 脳神経外科)×堀文子氏(日本画家)

→詳細はこちら (外部サイト)
※イベントは終了しています。

 ページトップへ
2012.09.28.更新情報
『ゆうゆう 11月号』にインタビュー掲載

主婦の友社発行の雑誌『ゆうゆう』11月号の特集「若々しい人はもっている ときめく心と行動力」に堀文子氏のインタビューが掲載されました。

 
雑誌「ゆうゆう」11月号
 発行 主婦の友社
 発売 2012年10月1日(月)
 定価 720円


 ページトップへ
2012.09.21.更新情報
週刊朝日グラビア『90代の才能たち』に掲載されました

『週刊朝日』(9月28日号)のグラビア「90代の才能たち」に堀文子氏のインタビュー記事と写真が掲載されました。

 
週刊誌「週刊朝日」 9月28日号
 発行 朝日新聞出版
 発売 2012年9月18日(火)
 定価 370円


 ページトップへ

2012.09.18.更新情報
「堀文子 暦 2013」 販売開始→終了しました
来年2013年の暦が出来上がりました。
堀文子氏監修の暦が仕上がりました。
近年の新作6点を1年かけて、お楽しみ頂けます。
11月15日からの開催予定の堀文子展の会場内でも販売いたします。

※終了しました
「堀文子 暦 2013」  発行ナカジマアート
 【販売価格】 \2,100 (税込) 送料別

→詳細はこちら

ページトップへ
〈終了しました〉
2012.7.4更新情報

山形県酒田市美術館にて「堀文子 日本画展」
開催のお知らせ

山形県酒田市美術館にて堀文子氏の展覧会を開催致します。
90歳を超えてなお旺盛な制作活動を展開する、氏の代表作が一堂にご覧頂けます。
この機会に是非お出かけ下さい。

~孤高の旅人~堀文子展
 【会期】2012年9月9日(日)~10月23日(火)
 【会場】酒田市美術館
 〒998-0055 山形県酒田市飯森山三丁目 17-95
 TEL 0234-31-0095

ページトップへ
 2012.6.28更新情報 
雑誌「芸術新潮」7月号に記事が掲載されています
特集いわさきちひろ 「ちひろを語る」 にて、堀文子氏が語った文章 「私たちの時代」 が掲載されております。

雑誌「芸術新潮」 7月号
 発行 新潮社
 2012年6月25日(月) 発売
 【定価】 ¥1,500 (税込)
ページトップへ
〈終了しました〉 
2012.04.20更新情報 

テレビ信州 ドキュメンタリー番組に出演

堀文子氏の特集番組が放映されます。

長野市松代の学者・山寺常山を曾祖父にもつ堀文子氏。堀 氏と信州とのつながりを辿る番組が放映されます。
※ご覧になれる地域が限られております。

テレビ信州 
 「命を描く画家 堀文子 93歳」

【放映日】2012年4月28日(土)
【放映時間】午前9:30~
ページトップへ
〈終了しました〉
2012.04.15更新情報
堀文子・黒柳徹子 トークショー
長野県信濃美術館で開催中の「堀文子展 命の不思議」の特別イベントとして、堀 文子・黒柳徹子両氏のトークショーが開催されます。
※申込受付は終了しました。

【日時】2012年4月26日(木)

※お申し込みはこちら→テレビ信州 ※終了しました
ページトップへ
〈終了しました〉
2012.02.02更新情報 

長野県信濃美術館 「堀文子展 命の不思議

長野信濃美術館にて堀文子展が開催されます。
初期の作品から現在連載中の雑誌『サライ』の原画まで、代表作約100点を展示、70年に及ぶ画業の軌跡をたどる。
母方のゆかりの地である松代、作品制作の場となった軽井沢など、信州との関わりの深い堀文子氏の長野で初の回顧展です。是非、この機会にお出かけ下さい。

 
【会期】2012年4月14日(土)~5月27日(日)
【会場】長野県信濃美術館
     〒380-0801 長野市箱清水1-4-4
     ※善光寺より徒歩3分
     TEL:026-232-0052
ページトップへ
〈終了しました〉
2011.12.20更新情報 

名都美術館 「美しき生命の輝き 堀文子展」

愛知県の名都美術館で堀文子氏の展覧会が開催されます。氏の初期から最近までの作品を一堂にご覧いただけますのでこの機会に是非お出かけ下さい

「美しき生命の輝き 堀文子展」
 
【会期】2012年1月17日(火)~3月4日(日)
【会場】名都美術館
     〒480-1116 愛知県長久手市杁ケ池301番地
     TEL:0561-62-8884
ページトップへ
2012.1.20更新情報 
朝日新聞夕刊インタビュー記事掲載
朝日新聞夕刊の「人生の贈り物」に堀文子氏のインタビュー記事が掲載されます。

朝日新聞夕刊 「人生の贈り物」
2012年1月23日(月)~27日(金)
全5回
ページトップへ
2011.12.15更新情報 
月刊誌PHPの表紙絵掲載スタート

PHP研究所発行の月刊誌「PHP」表紙画が2012年1月号より1年間堀文子氏の作品になります。

月刊「PHP」
 
【発売日】2011年12月10日※以後、毎月10日発売
【定価】200円
2012年1月号は「金剛インコの森」(制作年:1999年)
ページトップへ
2011.12.12更新情報 
《NHK 「画家 堀文子」 特集番組 放送》
堀文子氏の特集番組が放映されます。
氏のモットーである「群れない、慣れない、頼らない」という生き方に作家・戸井十月氏が迫るヒューマンドキュメンタリーです。

93歳となった今もチャレンジ精神をもって新作に挑む「今」の姿を是非ご覧下さい。

NHK総合テレビ 
  ヒューマンドキュメンタリー 「画家・堀文子 93歳の決意」
(一部の地域では放送されない場合があります。予め、ご了承下さい)

【放映日】2011年12月23日(金)
【放映時間】午後2:00~2:50(50分)
ページトップへ
 2011.9.12更新情報 
《堀文子展 2011・・・現在(いま) 開催のお知らせ》
NHK「画家 堀文子」で大きな反響のあった堀氏の最新作が展示されます。今年6月には以前暮らしたイタリアのアレッツォ市を再訪問。「蘇生された」と語る堀氏が、前から興味をもっていたというイタリア古代エトルリア文明をテーマにした作品の他、切り絵、雑誌「サライ」の連載作品が展示される予定です。

【会期】2011年11月10日(木)~11月30日(水)
     11:00~18:30 (会期中無休)
【会場】ナカジマアート
ページトップへ
2011.9.12更新情報 
《NHK 「画家 堀文子」 特集番組 放送》
堀文子氏の特集番組が放映されます。
氏のモットーである「群れない、慣れない、頼らない」という生き方に作家・戸井十月氏が迫るヒューマンドキュメンタリーです。

93歳となった今もチャレンジ精神をもって新作に挑む「今」の姿を是非ご覧下さい。

NHK総合テレビ 
  ヒューマンドキュメンタリー 「画家・堀文子 93歳の決意」

【放映日】2011年9月19日(月)
【放映時間】午前8:15~9:05(50分)
ページトップへ
2011.9.12更新情報 
《NHK「日曜美術館」にVTR出演》
NHK「日曜美術館」で画家、酒井抱一の特集が放送されます。
番組中で堀文子氏がその作品について語ります。

NHK 教育テレビ
日曜美術館
「雨の夏草 風の秋草~坂東玉三郎 酒井抱一をよむ~」

【放送日】2011年9月18日(日) AM9:00~10:00(あさの放送)
【再放送】2011年9月25日(日) PM8:00~9:00(よるの放送)
ページトップへ
2011.4.28更新情報
富山県南砺市立福光美術館 堀文子展開催
富山県南砺市立福光美術館にて堀文子氏の展覧会を開催します。(終了しました)
三重県立美術館に続き、堀氏の今年2度目となる回顧展です。

氏の初期から最近までの作品を一堂にご覧いただけますのでこの機会に是非お出かけ下さい。


堀 文子展 四季の風景 華々しい収穫のとき
【会期】2011年6月4日(土)~7月31日(日)
【会場】富山県南砺市立福光美術館
  〒939-1626 富山県南砺市法林寺2010
  TEL 0763-52-7576
ページトップへ
2011.4.6更新情報
三重県立美術館 堀文子展開催
三重県立美術館にて堀文子氏の展覧会を開催中です。(終了しました)

氏の代表作はもちろん、普段なかなか見ることのできない素描やスケッチブックなども展示されています。
今回初めて展示される作品も数多く出品されます。
この機会に是非ご高覧下さい。

堀 文子展 華々しい収穫のとき
【会期】2011年4月9日(土)~5月29日(日)
【会場】三重県立美術館
  〒514-0007 三重県津市大谷町11番地
  TEL 059-227-2100
ページトップへ
2011.4.6更新情報
大丸 心斎橋店 「銀座画廊アートフェア」に
作品を展示
大丸心斎橋店では銀座の画廊10軒による「銀座画廊アートフェアが開催されます。それぞれの画廊ごとに、精選した作品を展示予定です。
ナカジマアートのコーナーでは堀文子氏の作品をご紹介いたします。是非ご高覧下さい。お待ちしております。

名店のこだわり 銀座画廊アートフェア
【会期】2011年4月6日(水)~4月11日(月)
【会場】大丸 心斎橋店 7階 催事場
ページトップへ 
2010.11.16更新情報
「堀文子 新作版画」 ご予約受付中
雑誌「サライ」に連載中の「命といふもの」の原画をもとに今年も版画を制作いたしました。
日々変化する感性、瑞々しさあふれる色彩感覚を持つ作家が新たに取り組んだ表現で描いた新作版画をご自宅で是非お楽しみください。
11月5日から25日の堀文子展の会場内に展示中です。

詳しくはこちらから
ページトップへ
2010.10.14更新情報
「堀文子 暦 2011」 販売開始しました
来年2011年の暦が出来上がりました。
雑誌「サライ」に連載中の「命といふもの」の中から6点を厳選し製作いたしました。堀氏の感動を四季折々にお楽しみいただける暦です。是非この機会にお申込ください。
11月5日からの堀文子展の会場内でも販売いたします。

「堀文子 暦 2011」  発行ナカジマアート
 【販売価格】 \2,100 (税込) 送料別
ページトップへ
2010.9.22更新情報
堀文子展 2010・・・現在(いま)
開催のお知らせ
今年も堀文子氏の新作展が開催されます。
「90代は初体験」と話す氏の探究心から生み出される新しい表現を是非ご高覧下さい。お待ちしております。

【会期】2010年11月5日(金)~11月25日(木)
     11:00~18:30 (会期中無休)
【会場】ナカジマアート
ページトップへ
2010.9.22更新情報
雑誌「ゆうゆう」10月号で対談
主婦の友社発行の雑誌「ゆうゆう」10月号の巻頭に、堀文子氏と黒柳徹子氏との対談が掲載されています。
13年前の出会いからこれまでのこと、旅や食べ物の話、これから進もうとする道について、8ページにわたり語りつくしたスペシャル対談です。

雑誌「ゆうゆう」10月号 (主婦の友社発行)
2010年9月1日(水) 発売  定価\740
ページトップへ
2010.9.21更新情報
平塚市美術館 堀文子展開催
神奈川県平塚市の平塚市美術館にて堀文子展が開催されます。初期から現代までの作品約80点が一堂に並びます。
見ごたえのある代表作はもちろん、大作や貴重な絵本原画などがご覧いただけます。この機会に是非お出かけください。

【会期】2010年10月9日(土)~11月23日(火・祝)
     9:30~17:00(入館は16:30まで)
    休館日 毎週月曜日(10月11日は開館、翌日休館)
【会場】平塚市美術館
  〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
  TEL 0463-35-2111
ページトップへ
2010.8.21更新情報
雑誌「月刊美術」9月号で対談
堀 文子氏と聖路加国際大学名誉院長でいらっしゃる日野原重明氏の対談が美術雑誌「月刊美術」9月号に掲載されています。合わせて190歳のお二人の対談は、神戸・香雪美術館での堀氏の展覧会を日野原先生がご覧になったことがきっかけとなり実現しました。

雑誌「月刊美術」 9月号 
  発行 サン・アート
  2010年8月20日(金) 発売
  【定価】 ¥1,840 (税込)
ページトップへ
2010.3.25更新情報
堀文子の言葉
「ひとりで生きる」 発売
堀文子氏の「語り下ろし」を中心に、これまでの氏の書籍や新聞、雑誌のインタビュー記事などから再編纂された本が求龍堂から発売されました。
「群れない 慣れない 頼らない」がモットーという氏の凛々しい言葉の数々をお楽しみいただけると思います。

堀文子の言葉 「ひとりで生きる」
  発行 求龍堂
  【定価】 本体\1,200+税
ページトップへ
〈終了しました〉
2010.5.06更新情報
《NHK「日曜美術館」にVTR出演》
NHK「日曜美術館」で小倉遊亀氏の特集が放送されます。
番組中で堀文子氏が小倉氏について語ります。
お時間ございましたら是非ご覧下さい。

NHK 教育テレビ
日曜美術館 【梅のように生きたい 小倉遊亀105年の画道】

放送日 2010年5月9日(日)  AM9:00~10:00 (あさの放送)
再放送 2010年5月16日(日) PM8:00~9:00 (よるの放送)
ページトップへ
〈終了しました〉
2010.3.15更新情報
特別展 堀文子 いつくしむ命
開催
神戸市にある「香雪美術館」において
堀文子氏の特別展 いつくしむ命 が開催中です。
氏の約100点の作品が並ぶ、見ごたえある回顧展です。

氏の作品を一堂に見られるこの機会にぜひお出かけ下さい。

【会期】2010年3月21日(日・祝)~5月5日(水・祝)
     10:00~17:00(入館は16:30まで)  会期中無休
【会場】香雪美術館
  〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1
  TEL 0120-410652
   
ページトップへ
〈販売終了しました〉
2009.11.16更新情報
堀文子 暦 2010 販売→終了しました
2010年のカレンダーの販売を開始しました。
雑誌「サライ」連載作品から抜粋した、ナカジマアートオリジナルの暦です。
美しい花木と共に季節の移り変わりをお楽しみ下さい。

「堀文子 暦 2010」  発行 ナカジマアート
 【販売価格】 \2,100 (税込)  販売終了しました
ページトップへ
〈終了しました〉
2009.11.11更新情報
堀文子展 2009・・・現在(いま)
開催のお知らせ
今年も堀文子氏の新作展が開催されます。
詳細は展覧会情報をご覧下さい。
御来廊お待ちしております。

【会期】2009年11月19日(木)~12月9日(水)
     11:00~18:30 (会期中無休)
【会場】ナカジマアート
ページトップへ
 2009.11.3更新情報
《「サライ」連載の「命といふもの」が毎月連載に変更》
隔週で発売されていた小学館発行の雑誌「サライ」が月刊誌となりました。堀文子氏の連載「命といふもの」は毎号連載されています。

※雑誌「サライ」(小学館発行/毎月第1木曜日発売)
ページトップへ
2009.5.25更新情報
堀文子画文集 
命といふもの第2集 「無心にして花を尋ね」発売
小学館発行の雑誌「サライ」に隔週連載中の「命といふもの」をまとめた画文集第1集「命といふもの」に続き、第2集「無心にして花を尋ね」が刊行されました。

堀文子画文集 命といふもの第2集「無心にして花を尋ね」   発行 小学館
 
  【定価】 本体\3,000+税
ページトップへ
2009.5.25更新情報
「ニッポン・ビューティ」 にインタビュー掲載
講談社発行の書籍「ニッポン・ビューティ」に堀文子氏のインタビューが掲載されています。
『日本を代表する一流の女たち20人の熱いインタビュー集』の
トップを飾るのは堀文子氏です。

テーマは「死ぬまで現役の職人でいるつもり」。
10ページのインタビューとなっています。

ニッポン・ビューティ  本物の女たちの 美しい生き方
  Grazia編集部 編     発行 講談社


  【定価】 本体\1,400+税
ページトップへ
2009.3.25更新情報
雑誌「クロワッサン」特別号で対談
雑誌「クロワッサン」特別編集 田中宥久子のメソッド に
田中宥久子氏と堀文子氏の対談が掲載されています。

田中氏が「ずっと、会いたかった人」と尊敬の念を抱き続けてきた堀氏。ふたりの初対談です。
堀氏の暮らすアトリエや、最新の作品も紹介されています。

6ページにわたる巻頭特集です。是非ご覧下さい。

雑誌「クロワッサン」特別編集 (マガジンハウス発行)
2009年3月12日(木) 発売  定価\1,000
ページトップへ
2009.2.25更新情報
朝日新聞に記事が掲載されています
2009年2月24日(火)の朝日新聞 夕刊 11面「追憶の風景」に堀文子氏のインタビュー記事が掲載されています。

昭和36年から3年間にわたる海外旅行の最後に訪れた場所、メキシコ。「人間の本能」を感じたというマヤ文明に触れて考えたこと、またその旅から45年経つ現在何を思うのか、などが語られています。

2009年2月24日(火) 朝日新聞 夕刊 11面
  「追憶の風景」 メキシコ
ページトップへ
〈終了しました〉
 2008.12.08更新情報
《TBS番組「hito 今を生きるあなたへ」に出演》
TBSで毎週木曜日に放映されているミニ番組「hito 今を生きるあなたへ」に堀文子氏が出演されます。
3分くらいの番組ですが、インタビューを通して氏の魅力が凝縮されて放映されます。また、2008年の新作も紹介されますので是非ご覧下さい。

TBS  hito 今を生きるあなたへ 

**時間が変更になりましたのでご注意下さい**
放送日   2008年12月25日(木)  午後11:03~11:09
ページトップへ
2008.9.15更新情報
堀文子 暦 2009 販売→終了しました
毎年ご好評いただいております、堀文子氏のオリジナルカレンダー、来年(2009)分が出来上がりました。季節の移り変わりを是非美しい花暦でお楽しみ下さい。


「堀文子 暦 2009」  発行 ナカジマアート
 【販売価格】 \2,100 (税込)
ページトップへ
〈終了しました〉
 2008.9.9更新情報 
《NHK 特集番組が放映されます》
NHK総合テレビにて堀文子氏の特集番組が放映されます。

氏へのインタビューや作品制作風景、また洋画家野見山暁治氏との対談などが1時間13分にわたり放送される予定です。
是非ご覧下さい。

NHK 総合/デジタル総合テレビ  
  日々、こころみずみずしく
          人生の八合目で出会った画家ふたり

放送日   2008年9月15日(月・祝) 午後2:00~3:13
ページトップへ
〈終了しました〉
2008.4.16更新情報
堀文子展~自然を描いて~
堀文子氏の展覧会が石川県のめいてつ・エムザにて開催されます。
是非、ご高覧下さい。

【会期】2008年5月1日(木)~5月6日(火・振休)
     10:00~20:00 (入館は30分前まで)
【会場】めいてつ・エムザ8階催事場
石川県金沢市武蔵町15-1
TEL 076-260-1111(代表)
ページトップへ
2008.2.15更新情報
画集 堀文子「トスカーナのスケッチ帳」 発売
ローマ、ルネッサンスと燦然たる文化を生んだ国の風土や暮らしを見たい、と春夏秋冬の季節を日本と往き来した5年間のスケッチ帳がJTBパブリッシング発行の「トスカーナのスケッチ帳」にまとめられました。

堀文子画集「トスカーナのスケッチ帳」
  発行JTBパブリッシング
 【定価】 本体\2,500+税
ページトップへ
〈終了しました〉
2007.11.27更新情報

   《NHK「新日曜美術館」アンコール放送》
NHK番組「新日曜美術館」で放送された堀文子氏の特集が再放送されます。氏がこれまで描いてきた作品の軌跡や制作の工程、その生き方・インタビューなどが紹介されます。

NHK 教育テレビ 「新日曜美術館」
放送日     2007年12月9日(日) 午前9:00~9:45
再放送(同日) 2007年12月9日(日) 午後8:00~8:45
ページトップへ
〈終了しました〉
2007.9.21更新情報 
ニューオータニ美術館
「年月の記録スケッチ帳より 堀 文子展」
開催
堀 文子氏の原点、日々の鍛錬ともいえるデッサンを公開いたします。画家の一切の妥協を許すことのない厳しさや対象を見つめる優しい眼差から生まれたデッサンの数々をこの機会に是非ご高覧ください。
関連イベントとして『堀文子画文集の朗読コンサート』がございます。(11月5日(月)・詳細はニューオータニ美術館ホームページをご覧下さい)

【会期】2007年9月29日(土)~11月18日(日)
10:00~18:00 (入館は17:30まで)
【休館日】毎週月曜日
(但し10月8日開館、10月9日閉館)
【会場】ニューオータニ美術館
東京都千代田区紀尾井町4-1 
     ニューオータニガーデンコート6F
TEL 03-3221-4111
ページトップへ
〈終了しました〉
2007.8.22更新情報
《NHK「新日曜美術館」で特集》
NHK番組「新日曜美術館」で堀文子氏が特集される予定です。氏がこれまで描いてきた作品の軌跡や制作の工程、その生き方・インタビューなどが紹介されます。

NHK 教育テレビ 「新日曜美術館」
放送日     2007年9月16日(日) 午前9:00~10:00
再放送(同日) 2007年9月16日(日) 午後8:00~9:00
 2007.7.20更新情報
堀文子 暦 2008 販売始めました
毎年ご好評いただいております、堀文子氏のオリジナルカレンダー、来年(2008)分が出来上がりました。季節の移り変わりを是非美しい花暦でお楽しみ下さい。

「堀文子 暦 2008」   発行 ナカジマアート
 【販売価格】 \2,100 (税込)

 2007.7.18更新情報
画文集「命といふもの」発売中
小学館発行の雑誌「サライ」で堀文子氏が連載中の「命といふもの」が画文集になりました。約3年に及ぶ連載の中から、厳選された作品44点と、含蓄に溢れた随筆35本で構成されています。
また、制作の基となる貴重なスケッチや氏のアトリエ風景なども収蔵されています。

堀文子画文集「命といふもの」 発行小学館
 【定価】 本体\3,000+税

〈終了しました〉
2007.5.2更新情報(5.14変更)

堀文子展のお知らせ
堀文子氏の作品を一堂に集めた回顧展が高島屋で開催されます。日本橋を皮切りに、京都、大阪、横浜の各店を巡回します。雑誌「サライ」の原画や2007年最新作も出品されますのでこの機会に是非ご高覧ください。

画業70年 自然と共に生きて  「堀文子展」
2007年6月6日(水)~6月25日(月) 日本橋高島屋
8階ホール
2007年8月15日(水)~8月20日(月) 京都高島屋
7階ホール
2007年9月12日(水)~9月24日(月) 大阪高島屋
7階ホール
2007年10月11日(木)~10月22日(月) 横浜高島屋
8階ギャラリー
 【主催】 NHKサービスセンター
 【協力】 ナカジマアート 小学館

〈終了しました〉
2007.6.7更新情報

展覧会情報が放映されます
日本橋髙島屋で開催中の堀文子展の展覧会情報がNHK「新日曜美術館」の番組内「アートシーン~展覧会情報」で紹介されます。

NHK 教育テレビ 「新日曜美術館」
放送日 2007年6月10日(日) 午前9:00~10:00
再放送 2007年6月10日(日) 午後8:00~9:00

〈終了しました〉
 2007.5.7更新情報 
堀文子版画の世界展のお知らせ
日本橋高島屋で開催される堀文子展と同時期に、ナカジマアートにおいて版画展を開催します。
これまで制作されてきた堀氏の版画10余点を展覧する予定です。詳細が決まりましたら、展覧会情報のページでお知らせします。


会期:2007年6月6日(水)~6月25日(月) 会期中無休
  会場:ナカジマアート
2007.4.19更新情報
画集 堀文子「花のスケッチ帳」 発売
これまで公開されたことのなかった堀文子氏のデッサンの一部が、JTBパブリッシング発行の「花のスケッチ帳」にまとめられました。
牡丹・椿・菖蒲・・・種類ごとにまとめられた花暦からは、それぞれの花の美しさだけでなく、氏が植物を見つめる目の優しさ・厳しさも感じれらます。

堀文子画集「花のスケッチ帳」  発行JTBパブリッシング
 【定価】 本体\2,500+税
〈終了しました〉
2007.1.11更新情報
 
ラジオ日本 『夜の図書室』で
堀文子エッセイ「命の軌跡」が朗読されます
堀 文子氏のエッセイ「命の軌跡」の一部が、ラジオ日本の番組「夜の図書室」の中で朗読されることになりました。日本テレビアナウンサー井田由美氏が奏でる、堀文子の世界を是非お楽しみ下さい。

ラジオ日本(1422kHz) 「夜の図書室」
【放送日】 2007年1月19日(金) 21:00~21:30 

〈終了しました〉
2006.10.3更新情報 
名都美術館
「年月の記録スケッチ帳より 堀 文子展」
開催
名古屋の名都美術館では堀 文子氏の原点、日々の鍛錬ともいえるデッサンの数々を初公開いたします。画家の一切の妥協を許すことのない厳しさや対象を見つめる優しい眼差から生まれたデッサンの数々をこの機会に是非ご高覧ください。

【会期】2006年10月3日(火)~11月26日(日)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
【休館日】毎週月曜日
(但し10月9日(月・祝)開館、10月10日(火)休館
【会場】財団法人林美術財団 名都美術館
【お問合せ】愛知県愛知郡長久手町杁ヶ池301番地
財団法人林美術財団 名都美術館
tel.0561-62-8884

〈終了しました〉
2006.6.9更新情報
「徹子の部屋」に出演されます
「徹子の部屋」に堀文子氏が出演されます。

6月22日からの個展の作品も一部紹介される予定です。
是非ご覧下さい。
 
テレビ朝日「徹子の部屋」
放送日 2006年6月20日(火) 午後1:20~1:55

〈終了しました〉
2006.4.6更新情報

堀 文子展 開催決定
堀 文子展2006・・・現在(いま) の日程が決定いたしました。

会期:2006年6月22日(木)~7月12日(水) 会期中無休
  会場:ナカジマアート

〈終了しました〉
2005.11.21 更新情報
NHK 「こころの時代」で
3度目の再々放送決定
NHK番組「こころの時代」で堀文子氏のインタビューが過去2回放送されましたが、好評のため、3回目の再々放送が1月8日(土)午前5:00~6:00に決定しました。
これまでにご覧になれなかった方は、是非この機会にご覧下さい。
NHK ETVアンコール こころの時代
放送日 2006年1月8日(土) 午前5:00~6:00 教育テレビ
(*朝早くの放送となります) 

2005.10.7更新情報
《暦2006・ポストカード 販売》
堀文子氏の2006年度暦、新作ポストカードの販売を開始しました。

堀文子  暦 2006   1部 2,000円(税込)、送料別
    ポストカード  1枚   100円(税込)、送料別

2005.8.26更新情報
雑誌「省エネルギー」に掲載されています
財団法人省エネルギーセンター発行の雑誌「省エネルギー」 2005年8月号に堀文子氏を取り上げています。
(モノクロ6ページ)
テーマ:漂泊の旅にいのちの根源を求めて

2005年8月号 定価 1,155円

2005.8.26更新情報
雑誌「週刊四国八十八ヶ所遍路の旅」に
掲載されています
講談社発行の雑誌「週刊四国八十八ヶ所遍路の旅」 26号の巻頭インタビューで堀文子氏を取り上げています。
(カラー4ページ)
テーマ:森に生きる一人の「生きもの」として

2005年9月8日号(26号)  定価 560円

2005.7.13更新情報
《雑誌「明日の友」の表紙》
婦人之友社発行の雑誌「明日の友」の表紙画に堀文子氏の作品が使用されています。(155号・春から160号・早春まで)

婦人之友社 「明日の友」
偶数月5日発売 610円(税込)

2005.7.5 更新情報
ETVアンコール NHK 「こころの時代」秀作選で
再放送決定
終了いたしました
先日NHK番組「こころの時代」で堀文子氏のインタビューが放送されましたが、好評のため、7月16日(土)午前2:36~3:36に再放送が決定しました。
NHK ETVアンコール こころの時代 秀作選
放送日 2005年7月16日(土) 午前2:36~3:36 教育テレビ
(*夜中の放送となります) → 終了いたしました

2005.7.01更新情報
《「クロワッサン」7/10号に掲載されています》
マガジンハウス発行の雑誌「クロワッサン」7/10号の中の「わたし きのう きょう あした」のページで堀 文子氏が掲載されています。
(モノクロ4ページ)
是非ご覧ください。

 2005.5.30更新情報
《テレビ朝日「徹子の部屋」のセットが変わりました》
テレビ朝日「徹子の部屋」のセットが5月23日より新しくなりました。そのセットの中に、2003年に堀文子氏が黒柳徹子氏をモデルにして描かれた「アフガンの王女」が飾られています。
日によって絵が飾られていない日もございます。御了承ください。
※テレビ朝日 徹子の部屋
放送日 月曜日~金曜日 午後1:20~1:55

(終了しました)
《NHK「こころの時代」で特集》
NHK番組「こころの時代」で堀文子氏のインタビューが放送されます。氏の生き方やその軌跡、作品の紹介などもされる予定です。
※NHK こころの時代 宗教・人生「生々流転 いのちの旅路」
放送日 2005年5月29日(日) 午前5:00~6:00 教育テレビ
再放送 2005年6月5日(日) 午後2:00~3:00 教育テレビ

《「生きて死ぬ智慧」発行》
小学館より「生きて死ぬ智慧」(文・柳澤桂子/画・堀 文子)が発行されました。生命科学者であり歌人でもある柳澤桂子氏による般若心経の科学的「心訳」、それに調和した堀 文子氏の作品をお楽しみいただけます。
※書籍「生きて死ぬ智慧」(小学館/2004年10月10日発行)
 定価:本体\1,143+税

《「家庭画報」10月号で黒田杏子氏と対談》
世界文化社の雑誌「家庭画報」10月号に、俳人である黒田杏子氏との対談が掲載されています。
※雑誌「家庭画報」(世界文化社/2004年10月1日発行)
 <連載>黒田杏子さんの達人対談 「昨日・今日・明日」

《2004年8月から「サライ」で連載始まる》
堀 文子氏の画と文「命といふもの」が雑誌「サライ」で新しく連載されることになりました。
堀 文子氏の想いと毎回新しく描かれる画を毎月2回お楽しみください。
※雑誌「サライ」(小学館発行/毎月第1・第3木曜日発売)

(終了しました)
《箱根・芦ノ湖成川美術館にて「堀 文子展」開催》
成川美術館の新装された床の間のある展示室にて「堀 文子展」が開催されます。成川美術館が所蔵する名品の数々を是非この機会にご高覧ください。
【会期】2004年9月16日(木)~12月15日(水)
無休・午前9時~午後5時
【会場】箱根・芦ノ湖成川美術館 2階第4展示室
【お問合せ】神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570
箱根・芦ノ湖成川美術館
tel.0460-3-6828
ページトップへ